映画一覧

映画『鑑定士と顔のない依頼人』あらすじ・感想

あらすじ

だが、女性と接するのが非常に苦手で、女性を目の前にすると気分が悪くなる為隠し部屋に大量の女性の肖像画を飾り鑑賞する

ある日ヴァージルのもとに、電話を通じて依頼が入る。

依頼内容は両親が死去したので、両親が収集していた美術品を競売にかけて欲しいというものだった。

邸宅の近所のバーにいた小人症の客に、邸宅に何度も家具が運びいれられ運び出されていたこと、邸宅から若い女性(クレア)が度々外出していたこと、そして彼女(バーの小人症の客)が邸宅の本当の持ち主で他人に邸宅を貸すことがあったことを告げられる。

依頼人の邸宅には確かに様々な美術品が置いてあったが、当の依頼人であるクレア(シルヴィア・フークス)

クレアはしく若い女性であった。

何度か足を運ぶと依頼人のクレアは隠し部屋に引きこもっていることが分かった。

クレアは広場恐怖症で長年引きこもっており、作家として生計

唯一遺された女性の肖像画は元々クレアの邸宅にあったもので、裏にはなぜか「親愛と感謝をこめて」

依頼人が姿を表さないという前代未聞の依頼であったが、ヴァージルは扉越しに接するうちに、クレアの容姿に興味を持ち、ある日クレアの容姿を盗み見る。

結婚を機にヴァージルは引退を決意し、会場では様々な人から祝福され、ビリーからは「俺の絵の才能を認めてくれなかったのが残念だったが、お祝いに絵画を送ったよ」と絵画を送ってもらう。

遂にクレアとの直接対面を果たし、クレアに自分のコレクション非常に親しくなる。

クレアが話していた思い出の飲食店で一人食事をする。

ヴァージルは帰宅するがヴァージルは愕然とする。

ロバートの店とクレアの邸宅はもぬけの殻になっており、連絡も一切取れなくなってしまう。

映画『鑑定士と顔のない依頼人』予告編

作品情報

タイトル:鑑定士と顔のない依頼人

原題:LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER

製作年度:2013年

上映時間:131分

製作国:イタリア

ジャンル:ロマンス

監督:ジュゼッペ・トルナトーレ

脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ

音楽:エンニオ・モリコーネ

登場人物

ロバート(ジム・スタージェス)

機械職人。ヴァージルがクレア邸で見つけたオートマタ(機械人形)の部品の修理を依頼する。ロバートは男前で女性関係が派手だったことから、クレアとの事も相談するようになる。

ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)

天才的な審美眼を持つ鑑定士。人生で一度も女性と付き合ったことがない。手袋を常に着用するほどの潔癖症。

ビリー・ホイッスラー(ドナルド・サザーランド)

ヴァージルのオークション不正取引の仲間で元画家。昔ヴァージルに絵の才能が無いと言われその道を諦める。

クレア・イベットソン(シルヴィア・フークス)

急死した両親の遺品の鑑定ををヴァージルに依頼する。広場恐怖症という病気で人前に出ることができない。


映画『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』あらすじ、作品情報

あらすじ

1年以上の潜伏を経て、フォー・ホースメンが再び動き出す。
今回のターゲットは大手IT企業オクタ社。オクタが主催するイベントを乗っ取り、携帯電話事業に隠された社の陰謀を暴き出すのが目的だ。
ところが、ホースメンが会場に姿を現した時、そのイベントはさらに別の何者かにより乗っ取られてしまう。ホースメンは会場から脱出すべく緊急脱出用シューターに飛び込むが、出た先はなんと遠く離れた中国・マカオ。
困惑するホースメンの前に、死亡したはずのオクタ社の共同経営者ウォルターが現れ、ある取引を持ち掛けた。

登場人物

J・ダニエル・アトラス – ジェシー・アイゼンバーグ
ディラン・ローズ – マーク・ラファロ
メリット・マッキニー – ウディ・ハレルソン
ジャック・ワイルダー – デイヴ・フランコ
ウォルター・メイブリー – ダニエル・ラドクリフ
ルーラ – リジー・キャプラン
リー – ジェイ・チョウ
ナタリー・オースティン – サナ・レイサン
アーサー・トレスラー – マイケル・ケイン
サディアス・ブラッドリー – モーガン・フリーマン
チェイス・マッキニー – ウディ・ハレルソン
コーワン – デヴィッド・ウォーショフスキー
ブブ – ツァイ・チン
幼少期のディラン – ウィリアム・ヘンダーソン
ライオネル・シュライク – リチャード・ラング
アレン・スコット=フランク – ヘンリー・ロイド=ヒューズ

作品情報

タイトル:グランド・イリュージョン 見破られたトリック
原題:NOW YOU SEE ME 2
製作年度:2016年
上映時間:129分
製作国:アメリカ
ジャンル:サスペンス
監督:ジョン・M・チュウ
製作総指揮:ケヴィン・デラノイ
ルイ・ルテリエ
エド・ソロモン
脚本:エド・ソロモン
音楽:ブライアン・タイラー


映画『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』作品情報、あらすじ

あらすじ

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』より約10年後、旧態依然として腐敗による機能低下が進む銀河共和国を見限り数千の星系が離脱を表明、ドゥークー伯爵を中心に分離主義勢力を形成して共和国との間に緊張状態を生じていた。
パドメ・アミダラ元老院議員は爆破テロに遭遇し、パドメ自身は難を逃れたものの多数の侍従が犠牲
オビ=ワン・ケノービと若きアナキン・スカイウォーカーがボディーガードをする事になり、オビ=ワンとアナキンはパドメを狙った刺客ザム・ウェセルから彼女を守る事に成功。
ザムは殺されてしまった。
オビ=ワンは惑星カミーノへ向かう。
アナキンが初の単独任務として、身を隠すため惑星ナブーへ向かうパドメを護衛するため、同行。
ナブーの地に着き一時の平穏が訪れる中、やがてアナキンとパドメは愛しあうようになる
オビ=ワンは惑星カミーノで、サイフォ=ディアスが10年前に極秘裏に生産を依頼していたクローン・トルーパーの大軍隊を視察
るジャンゴこそがザムを消した賞金稼ぎであると判断
オビ=ワンは、ジャンゴ取り逃がしてしまう。
オビ=ワンは惑星ジオノーシスへ逃亡したジャンゴを追跡するが、ジオノーシス近くの小惑星帯ではジャンゴの巧みな操船技術に完敗。
すんでのところで自らの撃墜を偽装し、ジャンゴをやり過ごした。
以前から母シミ・スカイウォーカーが苦しんでいる悪夢にうなされていたアナキンは、パドメの計らいで共に故郷の惑星タトゥイーンを訪れる。
かつての主人ワトーから、シミは奴隷から解放され、水耕農夫ラーズの後妻となっていた事を知る。
シミが盗賊タスケン・レイダーに誘拐されたという事実。
アナキンは必死の捜索でシミを発見するが、時遅く彼女は息子の腕の中で絶命、アナキンは怒りのままにタスケンを部族ごと虐殺する。
ジオノーシスに着陸したオビ=ワン
分離主義勢力陣営のドロイド工場を発見するが、シス卿のドゥークー伯爵に捕らえられてしまう。
ドゥークーはオビ=ワンに、共和国が既にシスに乗っ取られ、元老院も多くの議員がシスの配下にあるという驚くべき事実
アナキンとパドメはオビ=ワンの救出に向かうが
闘技場でばれないよう変装して見守っていたメイス・ウィンドゥ率いるジェダイ軍団が救援に現れるが、ドロイド軍の圧倒的な物量の前にひれ伏す。
ジェダイ軍団の援軍として、ヨーダ率いるクローン・トルーパーが乗り込んだ複数機のリパブリック・ガンシップが降下。これにより、クローン大戦が勃発した。

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」トレーラー

登場人物

オビ=ワン・ケノービ – ユアン・マクレガー
パドメ・アミダラ – ナタリー・ポートマン(
アナキン・スカイウォーカー – ヘイデン・クリステンセン
パルパティーン最高議長 – イアン・マクダーミド
シミ・スカイウォーカー – ペルニラ・アウグスト
C-3PO – アンソニー・ダニエルズ(
R2-D2 – ケニー・ベイカー
メイス・ウィンドゥ – サミュエル・L・ジャクソン
ヨーダ – フランク・オズ
ドゥークー伯爵 – クリストファー・リー
ベイル・オーガナ – ジミー・スミッツ
ジャンゴ・フェット – テムエラ・モリソン
ボバ・フェット – ダニエル・ローガン
クリーグ・ラーズ – ジャック・トンプソン
ジャー・ジャー・ビンクス – アーメド・ベスト
シオ・ビブル – オリヴァー・フォード・デイヴィス
ドルメ – ローズ・バーン
キャプテン・タイフォ – ジェイ・ラガーイア
ザム・ウェセル – リーアナ・ウォルスマン
デクスター・ジェッスター – ロン・フォーク
ラマ・スーの声 – アンソニー・フェラン
トーン・ウィの声 – リーナ・オーウェン
クワイ=ガン・ジンの声 – リーアム・ニーソン
侍女コーデ – ヴェロニカ・セグラ

 

作品情報

タイトル:スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

原題:STAR WARS: EPISODE II – ATTACK OF THE CLONES

別題:スター・ウォーズ エピソードII/クローンの攻撃

製作年度:2002年

上映時間:142分

製作国:アメリカ

ジャンル:SF、ファンタジー、アドベンチャー

監督:ジョージ・ルーカス

製作総指揮:ジョージ・ルーカス

脚本:ジョナサン・ヘイルズ

ジョージ・ルーカス

音楽:ジョン・ウィリアムズ


映画『スポットライト』あらすじ、感想

あらすじ

マサチューセッツ州ボストンの日刊紙『ボストン・グローブ』はマーティ・バロンを新編集長として迎える。
バロンは「スポットライト」のウォルター・ロビンソンと会いゲーガン神父の子供への性的虐待事件をチームで調査し記事にする
マサチューセッツ州でカトリック教会が性的虐待事件を隠蔽するパターンに気づく。
虐待の被害者のネットワークに接触したのち、チームは13人の神父に調査対象を広げる。
統計的には90人程度の神父が性的虐待を行っているはずだと言う指摘87人のリストを得る
枢機卿が虐待事件を知りながら無視したという公的な証拠の存在をつかみ。
ロビンソンはカトリック教会の組織的な犯罪行為を徹底的に暴くために記事の公開を遅らせる。
チームは裁判に勝ち、2002年に記事を公開し始める。
記事公開の直前、ロビンソンは、1993年に性的虐待を行った20人の神父のリストを受け取りながら調査をしなかったことを告白する。
バロンはチームが犯罪を暴いたことを称賛する。
合衆国および世界中で聖職者による性的虐待のスキャンダルが明るみに出る。
隠蔽行為を行った枢機卿は辞任するが、ローマの大教会に栄転する。

映画『スポットライト 世紀のスクープ』予告編

キャスト

マイク・レゼンデス – マーク・ラファロ
ウォルター・”ロビー”・ロビンソン – マイケル・キートン
サーシャ・ファイファー – レイチェル・マクアダムス
マーティ・バロン – リーヴ・シュレイバー
ベン・ブラッドリー・ジュニア – ジョン・スラッテリー
マット・キャロル – ブライアン・ダーシー・ジェームズ
ミッチェル・ガラベディアン – スタンリー・トゥッチ
スティーヴ・カークジャン – ジーン・アモローソ
ジム・サリヴァン – ジェイミー・シェリダン
エリック・マクリーシュ – ビリー・クラダップ
アイリーン・マクナマラ – モーリーン・キーラー
リチャード・サイプ – リチャード・ジェンキンス
ピート・コンリー – ポール・ギルフォイル
バーナード・ロウ枢機卿) – レン・キャリオー
フィル・サヴィアノ – ニール・ハフ
ジョー・クロウリー – マイケル・シリル・クレイトン
コンスタンス・スウィーニー判事 – ローリー・ハイネマン
ビル・カメザ理事長 – ティム・プロゴシュ
ピーター・カネロス – ダグ・マーレイ

作品情報

タイトル:スポットライト 世紀のスクープ
原題:SPOTLIGHT
製作年度:2015年
上映時間:128分
製作国:アメリカ
ジャンル:ドラマ
監督:トム・マッカーシー
製作総指揮:ジェフ・スコール
ジョナサン・キング
ピエール・オミディアー
マイケル・ベダーマン
バード・ドロス
ジョシュ・シンガー
トム・オーテンバーグ
ピーター・ローソン
ザヴィエル・マーチャンド
脚本:ジョシュ・シンガー
トム・マッカーシー
音楽:ハワード・ショア

参考サイト

スポットライト 世紀のスクープ – Wikipedia

映画『スポットライト 世紀のスクープ』公式サイト